スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.05.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

パンチがいる場所

 



昨日、ビーちゃんの三回忌だったんだけど

札幌はすごい雪だったんだって。

ミキちゃん、朝から雪かきで汗だく。






「パンチからのプレゼントでした」


いらねーw







パンチ地方は快晴でした。ビーちゃんありがとう♪







さて、今日、ひろくんが帰ってきます。

今晩、久しぶりに、お互い太った夫婦が再会します!!がーん!!




ひろくんが行っていた所は



なんとかパーク。















世界遺産のなんとか教会 で有名な都市です。

私は行ったことがないので全然ピンと来ないし、

この公園や教会は恐らく日本人はあまり知らないんでは??

というわけで、正解は明日ー。








昨日、ご近所さんとメッセージのやり取りしてて、

その方はビーちゃんと同じころにボーダーコリーを

やっぱり血管肉腫で亡くしました。







今もいるんだって。

気配を感じるし、水を飲んでる音もするんだって。

最初は気のせいかなと思ってたけど

旦那さんも同じような経験をしてるそうな。






いいなぁ。

パンチ、まだ来てくれない。。。って言ったら







きっとまだ病院にいるんじゃない?って。




「先生、今日はレーザー何発?」











そうかもなー。

病院で亡くなって、そのまま居心地いいからいるのかも。

そして時々、レーザーあててる子のとこに

割り込んであててもらってるのかもね。




「だって週3で通ってたんだから」





 パンチカップ2010の馬名になりました。


気配とか感じなくてさびしいな、私にそういう力がないからしょうがないのかな

って思ってたけど、

病院にいるのかもって思ったら、まぁいっか。って思えたw





でも、パンチ、先生は幽霊とかそういうのダメな人だから

驚かしちゃだめだからね。










自由に動けるんだなーってわかったら

きっと帰ってくるよ。










「まだ病院の近くでお散歩してるから!」




ゆっくりでもいいから、たまには帰ってきてね〜w



↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←愛いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ操作の赤い糸

 



ひろくんはただいま海外出張中。









行く前に、ひろくんに






「今、家の前にビーグルいたらどうする?」

と聞いたところ







「それはちゃんと保護して、迷子か確認して、ABCの時みたいに里親探すよ。」









「あ。そう…。そうなんだ。じゃあ、じゃあ…」








「ひろくんいない間に、家に犬いたらどうする?」








あははははははは〜〜〜〜〜〜









となりました。


が。



ぐるたんは私の独断で家に連れてきた経緯があるので(←しぴさん、ご覧下さい)








絶対ないとも言えない。













里親募集サイトをあちこち見ています。

その時は絶対来るから、私なら絶対見つけられる。

そう思って見ていたんです。で、

一昨日、動物管理センターのホムペにビーグルを発見。

3歳の男の子。






ひろくんいたら、休み取らせて引き取りに行くのに!!

車はあるけど10年運転してないから、

さすがに10年ぶりの運転が雪道って迷惑甚だしいなー… 

いや、もしかして車出してくれる人、誰か見つかるかも??







とりあえず、この子がどれくらいの大きさか聞いてみよう。

小さめの子ならJR乗れるし。




と、昨日、センターが閉まる10分前に電話。




「あの、ホームページの譲渡可能犬の情報を見てお電話してるんですが」


「そうですか!ありがとうございます」


「ビーグル犬は…まだいますか?」


「あ、その子は先ほどもらわれて行きました…」






「そうですか、それは、それはよかったです。ありがとうございました」














そっか、まだなんだ。と、思った瞬間、

おいおい泣いてしまいました。

こんなにわーっと泣いたのは久しぶりでした。











焦ってるわけじゃない。

まだ3週間しか経ってないし、そりゃ早いだろうなとは思ったけど

でも始終泣いてるわけでもないし、もう、声を上げて泣くようなこともなかった。







ペットを亡くした後、消化していくスピードは人によって違う

と、どこかで読んだので、私はこんなもんなのかなと思っていた。








でもやっぱり違った。

私の準備はまだできてなかった。

でもそれっていつなのかな。











何週間先なのか、何か月先なのか、何年先なのか。







やっぱりパンチがお膳立てしてくれるような

そんな気がしてるんで、パンチ、よろしくお願いします。



「え?まじ?」





↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←愛いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチのベッドに

 




クイズ続行中。


Q:ひろくんはどこにいるでしょう。



しぴさん、すごい。

>屋上に日除けがあるから暑いところかな?




そうです!暑いところです。 

ということで… まだ正解はでておりません!

シンガポールの気温が近いかな。



そして昨日から↑の写真の街を出て、違う都市へ移動して

そのホテルにはWi-Fi環境がないようで音信不通です。

でもまた↑のホテルに戻るそうなので、そしたら違う写真が

送ってもらえるかな。









まだパンチの話、しててもいいかな。









パンチを送り出す時、葬儀場まで何に入れて行けばいいんだろうって。

これまでネットで見ていたお友達、段ボールに寝かせてたのを

見たことがあったので、葬儀会社に確認したところ

「みなさん、たいてい、抱っこしてお連れになります」と。

イメージとして、箱ごと火葬されるんだと思ってたらここは違うようで。








それにしても抱っこして行くにもパンチ、でかいんで、

そうだ、ベッドに乗せて行こうとなりました。











ペピーで買ったスクエアカドラーMサイズ。











ぐるたんが小さい時は、たまにこんな光景も見られたり。


「子守中…」














「えらいから遊んでやってる最中」











いたずらのホームポジションだったり。


「クッションの中身確かめ中」










残念ながら首のヘルニア再発により、キャッスル置くために撤去。

それ以来、二階に置いたままでした。

このように↓


私が寝られるほどゆったりサイズなので、ゆったり寝ているようなパンチを

運ぶには最適と、亡くなった次の日、きれいにするために下してきたのです。











二階でぐるたんが具合悪い時に自主的に使ってたので

毛を取るために掃除機をかけて……











う!! く、くさい!!













ぐるたんのうんちの臭いがするっ!!










そういえばこんなことがあったのでした。











ベッドにかけてあった毛布は洗濯してたんだけど

カドラー自体はノータッチでした。




ちょっと迷って…        (明日までに乾くかなと思ったから)



カバーをはずして洗濯機へ。



「パンチ、危うく、ぐるたんのうんちてんこもり後の香りに包まれたまま

 運ばれるとこだったの。聞いてる? ん?これってゴッドファーザー?」












『おじさん、遠慮は無用だったにゃー』











悲しい日の中のクスッとした出来事でした。









おいおいと泣くようなことはなくなったんだけど



こういう顔が見られないのはさびしいなーと思うのでした。





↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←愛いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 最終話

 




「ぐるたん、ぐるたん… ごにょごにょごにょ…」



『……にゃぁ〜〜〜〜〜』














『ごにょごにょ、くすぐったいにゃっ!!』 ビシッ!!











「ねーねー、ぐるたん、ちゃんとお話聞いてよ」


『さっさと話せばいいにゃー』












「なっちゃんはきっと、こうやって寝てばかりだから」













「頼むね」














「頼むね、ぐるたん」
















「なっちゃん、ほらっ!!」『ちゃっちゃと準備するにゃ』
















「靴、はいて。 玄関開けて。」  『手袋も忘れないでにゃー』

















やだ。












やだよ、なんで!!!















「雪かき、頼むね! ひろくん、いないから。」










昨日、大雪が降る直前、新千歳空港を発ったひろくん。

なんと海外出張へ行ってしまいましたー。







それはもう、だいぶ前から決まっていたことなので

てんかん発作の辺りから、このタイミングでひろくんがいなくなることに

大変不安を覚えていたのです。








入院になってしまった時は、ひろくんがいなくなる不安というより

ひろくんがいない間にパンチが逝ってしまったら、

ひろくんがかわいそうだと思っていたので

長引かずに、気持ちの整理をする時間さえ与えたパンチは

いや、ほんと、すごいわ。と思ったのでした。







そしてひろくんがいない時は雪というパンチ家ジンクス。 例1 例2 例3

私の運動不足解消のためのアクティビティまで用意してくれて

ありがとう。。。












「ぐるたん、ぐるたん」










『なんにゃ。』












「ぐるたんしかいないんだから、なっちゃん、頼むね」 『にゃ〜』












『まかせとけにゃっ』




ぐるたんが夜にたっぷり遊んでくれるよ。

パンチ、ありがとうね。







↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←愛いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 第九話

 




先週木曜日、パンチが亡くなって一週間たった頃、

パンチの散歩コースを歩いてみようと思いました。

雪が大好きだったパンチだけど

積もる前に逝ってしまったから…。







この電柱でいっつも匂い嗅いでたな。とか

思い出しては目頭じんわりしつつ歩いていたら

「パンチくん、元気になった?」






ナナちゃんのママでした。

ご報告に行かなくちゃと思っていた所だったんです。

これは、これは明らかにパンチの仕業ですよ。

だって、ナナちゃんてお散歩しないから(ナナちゃんはママに抱っこされたまま)

こんなとこで会うことないもん!!







パンチのこと、ご報告。

あの時、そばにいてもらえたことに感謝です。

そうだね、パンチ、これを伝えなきゃだめだったもんね。








散歩コース、一人で歩くとあっという間。

何にもない道なのに、なんであんなに時間かけて

なんであんなに楽しかったんだろうね。





<<12月19日木曜日晩>>



パンチをいつもの場所に寝かせる。

ひろくんがとりあえずお花を買いに。

ミキちゃんにメール。

昼間に元気になったとメールした後だったので

びっくりしたミキちゃんから電話。

「すぐ行くから!」







どさビーのみんなのうち、車で一時間とかかかるのに

高速飛ばしてお仕事の後にみんなパンチに会いに来てくれた。

「一日ずれてたら忘年会行ってたよ」とはゆた。さん。

パンチ、すごいな〜。と変なところで感心。





いや、ほんとに変な話だけど、この数日間、

私もひろくんも職場に迷惑かけることなく対応できて

週末に送り出せたし、この日も時間あんまり遅かったら

みんな来れなかったと思うし。





なんといってもこの時期の北海道で

まだ雪が積もっていなくて吹雪とかでもなくて

さすがは天気を操るビーグル犬パンチ。






この日はティンちゃんも来てくれて

パンチの足の匂いくんくん嗅いでくれて



「ムダ毛ボーボーよ」って教えてくれたので

カットしてから旅立たせたからね。







ティンちゃん、そのうち、マジ寝しちゃってw

パンチと似てるから、寝息までそっくり。


パンチが寝てるみたいな、不思議な感覚。

入院前は呼吸が荒くて、ぐっすり寝てなかったパンチ。

ティンちゃんのおかげで、パンチがぐっすり眠ってるような







あぁ、これで苦しくなくて穏やかな呼吸で眠れるんだなって

そう思わせてもらって、ほんとに救われた。ありがとう。








パンチ、体が大きいからか、私が寝る時まで首の辺りはまだ温かった。

ひろくん、パンチ、わたし、そしてぐるたんがヒータの上。

リビングで川の字になって寝ました。






<<12月20日金曜日>>


この日も前日のようなちょっとだけのお仕事があったんだけど、

つついたら涙が出るような状況だったので

お休みさせていただきました。

おかげでずーーっとパンチと一緒にいられた。感謝。






どんどん届くお花。

御礼のメールを打ったり、電話をかけたり。

その度にまた泣いて。








あんなに長かった入院の三日間。

でもこの日はすごく早かった。

冷たくてカチンコチンのパンチ。

あんなに辛い最後だったのに、すやすや寝てるみたいな

穏やかな顔のパンチ。





剥製にしておいときたい。

さすがにひろくんに止められる。





でもこっそり、

抜け毛をファーミネーターでこそげ取って

キープインザバスケット。 パンチ、内緒ね。くすくす。






<<12月21日土曜日>>


みんなが来てくれて、ペット葬儀場へ。


最後に、車の後ろにパンチを乗せて散歩コースをドライブ。

ブサイク広場も行ったよ。

新しいカメラでもブサイクになるのか

もっと写真撮りたかったね。








お世話になった病院の前を通って。。。>>パンチお見送り







パンチが私にくれたもの、たくさんあるけれど、

私がパンチにあげられたもの、

いいお医者さん。




チェコでも、ここでも、いいお医者さんを見つけてあげられた。

最期は家で…と思わなかったわけではないけど

パンチにとって病院での治療が少しでも苦しみを和らげるのであれば

最期は病院で全然かまわなかった。

パンチが病院嫌いじゃなかったことが

先生を信頼していたことが何よりだった。




週に一回はレーザー治療で行っていた病院だったから

ひろくんが「来週からもう病院に行かないんだよなぁ」と

寂しがっていて、私もなんだかヒマで。

動物病院に行きたがる飼い主って、なんだか変なのw







そしてパンチ伝説、最後の締めくくりは…

長くなったのでまた明日。



「パンチ伝説最終話、お楽しみに!」


毎日読んでくれてありがとうございます。





↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←腹いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 第八話






あれ。。。


まだ2週間しか経ってないんだよね。

でもすごく前のような気がするな。







<<12月19日木曜日>>

ひろくんはこの日、朝、かなり気合を入れて仕事に行きました。

前日のパンチの様子がとても悪かったので

ショックを受けていたのです。

奮い立たせて、奮い立たせて、仕事に行きました。






だからこそ、私からの「昨日より元気になったよ」というメールは

心底ほっとさせたようで、午後は集中して仕事できたということでした。






先生へは何かあったら、午前中は私に、午後はひろくんへ連絡を

とお願いしてありました。







私は5時15分くらいから10分、15分ほど、

別のクラスにお邪魔して、クリスマスのゲームを紹介する

という仕事へ。

で、向かって歩いている最中、4時47分、ひろくんから電話が入ります。








「今、先生から電話入って、パンチの呼吸がひどくなってきたって。

 仕事片付けて、ちょっと早く上がらせてもらって向かうから。

 35分、40分くらいかかると思うんだけど」



「わかった。私も終わり次第行くから、ひろくん、気を付けてね」






来た。来ちゃった。

でも、でも、午前中、あんなにいい顔だったのに。

呼吸落ち着いてたのに。






でも、来たんだ。その時だ。





落ち着け。落ち着け。

私は今、仕事をしなくちゃいけないから。

子ども相手に仕事するんだから、絶対泣いちゃだめだから。

楽しくゲームをしなきゃいけないんだから!!!





遅くても5時半過ぎには終わるから、40分には出られる。

タクシー会社に電話して、5時40分に来て待っててと予約。

病院まで20分か25分で着くはず。6時くらいには着ける。

パンチ、待てる?なっちゃん、待てる?








アドレナリンが出まくったのか

テンションマックスで子供たちとのゲームは大成功。



ふと、時計を見ると5時半。




「先生、今日、これだけのために来たの?」

「そうだよ〜○○たちに会うためだけに来たんだよ!」




脱兎のごとく教室を出て、タクシーに飛び乗ったところで

メールが入ってるのに気づきました。






「がんばってくれたけど、たった今、パンチは、旅立ちました。」







あぁ。パンチ。。。



電話がつながりました。


「間に合った?」





ひろくんが到着した頃、パンチはもう、最後の呼吸の段階に入ってました。

大きく呼吸をして、そしてひろくんに抱かれたまま旅立ちました。




「待ってるから。一緒に、三人で帰ろう」







病院へ行く道、うちの近所を通ります。


あぁ、ここ、パンチと歩いたことあるな。

ここも歩いたな。




涙がぽろぽろぽろぽろ








病院のだいぶ手前の交差点の信号が赤になり、

タクシーが止まります。すると運転手さんがメーターを上げました。


「まだ先だからいいですよ?」

「いえ、早くね、会ってあげたいでしょうから。」

やさしい女性の運転手さんでした。ありがとうございます。







病院に着いてタクシーを降りたものの、

すぐに行けなくて、深呼吸を二回してから入りました。

午後6時は過ぎてたと思うんですが、いつもなら混む時間なのに誰もいません。

看護士さんが診察室へ案内してくれたところで

ひろくんが中で待ってました。








こんな声で泣いたことないな。っていうくらいの声が出ました。

パンチは別室できれいにしてもらってました。

最後は吐血して、呼吸もかなり苦しかったようです。

ひろくんが着くのを待ってたかのように逝ってしまいました。







今思えば、もし30分早く連絡が来てたら、私恐らく仕事をキャンセルして

病院に駆け付けたと思います。

そしたら、ひろくんより先に病院に着いて

パンチの壮絶な場面も見てしまったことに。





パンチ、見せたくなかったんだな。

それよりちゃんと仕事しなきゃだめだよって。







綺麗にしてもらったパンチ。

まだ温かくて、寝てるみたい。

パンチ、パンチ、パンチ…




ありがとうね。もう苦しくないね。





いつもなら混み始める時間帯。

誰もいない。

パンチ、先生と奥さんと看護士さんたちを独り占めしたかったんでしょ。






パンチは大好きな先生と奥さんに見送られて

病院を後にしました。

ありがとうございました。

おうちへ帰ろう。三人で帰ろうね。











↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←腹いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 第七話




頂いた年賀状は、毎年適当な箱にまとめて入れておくんですけど

今年はいい箱がなくて、数年前の年賀状の箱を使おうかと

2009年の年賀状の箱を開けました。




その年に出して、あて先不明で戻ってきた年賀状が

ボロボロに破れた状態のまま、一枚入ってました。







「パンチめ…w」








自分でもなんでこんなのこのまま取っておいたんだと

パンチがビリビリ破いた年賀状をそのまま突っ込んでる。







その年の年賀状を全て取り出したところで、

一番下にお手紙一通入ってるのを発見。

開けてみると、なんと、

先日お財布をいただいたとご紹介したよこちゃっくさんが、

その時添えてくれた手紙だったんですよ、奥さん!







2004年、誕生日プレゼントとして「これはなつこにあげなくては!」

と思い、買って送ってくれたと書いてありました。チェコまでね。





なんで2009年の年賀状の箱に入ってたんだか。。。

そしてなんでこのタイミングで見つけられたの私?









「見つかった?」











なんかドッキリがあると、「パンチかな」って嬉しくなるよ。










<<12月19日木曜日>>




その日私は仕事は休みだったんですが、英会話のレッスン(自分の勉強)と

そのクラスメートとの忘年会ランチ、夕方に別のクラスへの出張レッスンと

用事がありました。




でも、パンチの状態によってはどれもキャンセルしても

しょうがないと思っていました。





朝一で病院へ。

先生、またもやパンチを診ての徹夜。すみません…。






診察室へ通されて、先生に診察室からガラス越しのパンチを

見せられて驚きました。

前日のパンチと全然違って、いい表情でした。


(今見ると、あんまりいい様には見えないですが、

  その前の日よりは 明らかにいい顔でした。)




「昨日は辛くて、人の動きにも無関心だったんですが

                今日は目で追ってますよ」




先生は夜にステロイドを投与してくれてました。

呼吸数は一時一分間に80台まで増えていたものが、60台にまで下がりました。

水分補給に皮下点滴をしてもらってました。






食欲はやはりまだないのですが、このまま調子が良ければ流動食をあげたいと。

ステロイド投与、絶食が続いている中、肝臓への負担が心配されるとのことでした。






「パンチぃ〜 ごはん食べたら? ごはん食べたら元気になるよ」


そう声をかけると、鼻をぺとっとガラスにくっつけるパンチ。

ガラス越しにパンチの鼻をなでなで。なでなで。




うー。泣いたらだめだって!!



「ひろくん、晩に来るから、その顔見せてあげるんだよ」




診察室に戻って、先生にひろくんと決めたことをお伝えしました。


・病院の酸素室の方がパンチにとって楽ならば、引き続き病院でみてもらいたい。

 パンチは病院が好きだし、先生のこと信頼してるからパンチも安心だと思う。

・延命措置は取らなくていい。パンチが苦しくない方法を選んでほしい。






そして先生に聞いてみました。



「先生、正直、パンチは、あと何日とか、そういう感じですか?」






「内臓だったら、あと何日と言えるんですが、呼吸器の場合は…」






「この苦しい状態が何日も続くんだったら、パンチを楽にしてあげるとか…」






「今、ステロイドで少し良くなりましたから。頑張ってますから。」






「そうですよね。そうですよね。」





「それに、そういう時は僕の方から言いますから」






という、大変深刻な話を涙ながらに先生としていた時、

ふと、パンチの方に目をやると…






「あれ?パンチ、口、開けてません?」





口、開けてて、呼吸が苦しいのかなと思ったんです。

そしたら先生が


「あ、あれは鼻をくっつけてますね。」




鼻をですね、ガラスにくっつけて


そのまま前歯をニッと見せてたんです。

清水アキラの研ナオコのモノマネみたいな。







思わず笑ってしまいました。 


パンチ、笑わせてんの?


「パンチ、見てよ。おもしろいでしょう?」












「だから笑って!ね!」








クスクス。クスクスクス。パンチwww




前日、泣きながら歩いた駅までの道のりを

パンチの顔を思い出しながら笑いつつ歩きました。





そしてひろくんにメール。



「明らかにいい表情だね。夕方、会いに行くのが楽しみになりました。」




ワタシは予定通り、ランチまで済ませ、

夕方の出張レッスン会場へ向かいます。





↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←腹いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 第六話

 




芸能人格付けチェックのGACKTのワインのうんちくを聞きながら

「オレもビールならできるな」と言い切っているひろくんを横に

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします。







年賀状くださったみなさん、ありがとうございます。

迷ったんですが、今回年賀状でのご挨拶は失礼させていただいて

後ほど寒中見舞いを送らせていただきますね。








コメントたくさんありがとうございます、みなさん。

お返事、なかなかできなくてごめんなさい。。。





今日は2005年のパンチでお送りします。




<<12月18日水曜日 夜>>


空き時間に一人で次のレッスンの準備をしていると

ふと、あのフラフラと立ち上がったパンチを思い出して

「ヤバイヤバイ…」と慌てて事務所に駆け込み。




前日、ミキちゃんがパンチが食べやすいもののアイデアを

色々メールで教えてくれてて、実は結構深刻な状況だと言うと

「仕事終わった後、話聞くよ」と、この日の帰りに会うことになってました。







午後8時過ぎ、仕事が終わってメールチェック。

パンチの面会に行ったひろくんより

「あまり改善は見られませんでした。詳細は帰ってから話します。」



『だいぶ濃いからびっくりした?』





電話に出たひろくん、声が詰まって話せないようでした。

「帰ってから聞くね。」

ミキちゃんとお茶してから帰る旨を伝えて電話を切りました。







ひろくんが話せないほど、パンチの容体は悪化してきているってことなんだ…

職場からミキちゃんと待ち合わせのサツエキまで

泣かないように泣かないように、歯をくいしばって歩きました。



『パンチ、開きもできたの。知ってた?』







駅地下にいるというミキちゃんのところまでに行く途中、

ひろくんより電話が入ります。

「帰るまで何も知らないのは不安だと思って…」








午後に届いた抗生物質は、ひろくんが行った段階ではまだ効果は

何も現れてなく、恐らく私が見た午前中より悪化していたかと…。



先生が見守る中、パンチを外に出してトイレをさせようとしたのですが

歩くのもやっと、という感じで、いつもの様に足を上げてするなど

到底無理な様子だったそうです。




『小さく見えるけど17キロあったんだよ。』





パンチを酸素室に戻し、先生と話をしているうちに

そう遠くないうちにその日がくるのか、

もう覚悟をしなければならない状況にあることがわかり

泣いてしまったそうです。









という話を電話でしている間にも

ひろくん、泣いてました。





『ドッグランでもそばにひろくんいないと困るの。犬見知りだから。』






ミキちゃんは2年前にビーちゃんを亡くしている。

この不安な気持ちを今一番わかってくれる人。

ありがとう。カフェでおいおい泣いてしまったんだけど

話聞いてくれてありがとう。







ミキちゃんからパンチへのお見舞いに吉野のくず粉と

立派ないちごをいただいて帰ります。




『お空ではビーちゃんと仲良くいちごを分けて食べるよ(たぶん)』







帰ってから、私たちが決めなければならないこと。

酸素ケージをレンタルして、家でみるかどうか、

パンチがいよいよ、となった時、延命措置をとってもらうかどうか。



パンチのことを パンチにとって一番いいと思うことを 二人で決めました。






↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←腹いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 第五話





今日はみなさん、ご家族とのんびりテレビを見ながらの大みそかかな。

うちは毎年ひろくん母が来るんだけど、

今年は「お宅、寒いから行かない」と拒否られたためw

(前回、節電のため暖房を低めにしていた所、大不評)

二人と一匹の年越しになります。(今はあったかいんだけど〜)





うちは例年通り「笑ってはいけない」を見ながらしゃぶしゃぶを食べ

年越しそばを食べないうちに寝てしまう予定。

いつもは豚しゃぶだけど、今年はパンチの好きな牛も食べるよ♪





みなさま、今年はほんとにありがとうございました。

仮装コンテスト、大成功だったし、

パンチのことはまだ消化しきれないけど

こうして励ましてもらって、ありがたくありがたく思っています。





パンチ伝説もまだ終わらないのでw

涙の日々は続くんだろうと思うんですが

立ち止まってはいないので、

どうぞ見守ってやってください。










「今日もパンチ伝説をお届けするよ!」











<<12月18日水曜日>>


仕事の準備は完璧。

今日も楽しいレッスンをするぞ。

パンチ、なっちゃんは頑張るから、

パンチもがんばってよね。







そんな思いで訪れた病院。









先生、寝てませんでした。

抗生物質が効いたのか、熱は8度台まで下がったものの

呼吸数は70、酸素室から出すと咳がひどいため

面会時は出してもらえませんでした。








「腹時計が動いていません」






これはこたえました。

水は飲むけれど、食欲はなし。

うちではいつも言ってたんです。

パンチ家では食欲がなくなった時がかなり深刻な状況だ。と。

前日の朝に薬を飲ませるのに食べさせた

かぼちゃのマッシュが最後の食事でした。







ビーグルが食べないなんて、パンチが食べないなんて

あぁ、これはほんとに覚悟しなくてはならないんだ

そう思いました。









パンチが寝ている酸素室は、診察室からガラス越しに見えます。

パンチはこちらに背を向けて


こういう状態で寝ていたので、看護士さんが酸素室前まで行って

パンチの名前を呼びながら、ガラスをトントンと叩きました。

体は動かさなかったけど「目は動いています」とのこと。






「中に入って、名前呼んでやってください」






泣いちゃだめだ、絶対泣いちゃだめだと思ってたけど

私の足音に気付いてなのか、パンチがゆらぁ〜〜っと体を起こしたのを見て

涙がボロボロこぼれ落ちてしまいました。






耳はあんまり聞こえてなかったはずだから

もしかしたら私の足音の振動が伝わったのかな。







私の顔を見て、パンチ、すごいしんどいはずなのにふらふらしながら


立ったんです。。。











呼吸がしんどいから、はぁはぁ言ってて、なんだか笑ってるような表情ではあったけど

足はガクガクしてて、間違いなく辛くてしょうがないのに。








「パンチ、座って、座っていいから。辛いでしょ。座っていいよ。」





ほどなく咳が出始めたので、私を見ることで興奮させてしまったかもと

すぐ部屋を出ました。





「いっぱい、いっぱい酸素吸うんだよ!」





昨日に比べて良くなっているとはいい難い。

今まで使ったことない抗生物質を注文したので

午後にそれを投与してみましょうとのこと。

晩にひろくんが面会に来るので、その時には変化が出ているかもしれない。









あと、先生はステロイドを使うかどうか迷っていました。

パンチが初めて頸椎ヘルニアをやった時にステロイドを使ったのですが

肝臓の反応がすごかったので、それ以来先生はステロイドは使ってなくて

『いざという時まで取っておきたい』と言っていたんです。




そうか、これがいざという時。やっぱりそういう時が来たんだ。

一つ一つ噛みしめて

先生にお願いして、病院を後にしました。








病院から駅まで、泣きながら歩いて行きました。

パンチ、パンチ、パンチ……











頑張ってというのにも、あんなに苦しそうなのが続くと思うと

それは飼い主のエゴなのか、

楽にしてあげたいと思うのも

それも飼い主のエゴなのか、

泣くしかない自分に憤りを感じて、どうしようもない気持ちでした。







だけど、ひろくんがよく言ってるんですけど

こういう時こそ、自分ができることを、

自分の持ち場でしっかりこなす。

パンチの面会が終わった私は、仕事をしっかりやるんだ。




「パンチは酸素室でいっぱい酸素を吸ってるんだからね!」







そしてひろくんは仕事帰りに病院に向かいます。



↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←腹いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!


パンチ伝説 第四話

 






昨日、9時頃にもう寝てしまった私は、

今朝5時にお目覚め。

でもまだ布団から出たくないのでごろごろしているうちに

パンチが入院してからの三日間を思い出して

しくしく泣いてしまいました。

そのうちに二度寝。。。








そしてパンチが旅立ってから初めて

パンチの夢を見たのです。







パンチが生き返って戻ってきていて

お腹を見せてどこかの玄関前のスロープを

ずるずるずるとずり落ちてみんなを笑わせるという

心憎い演出。







夢の中のナツコシュフ、ふと考えました。



「パンチのお骨はリビングにあるのに…




  パンチ、骨入ってないのに大丈夫なの?」






「え?」    『お、おじさん、骨入ってないにゃ!?』










『ぐるたん、怖いから帰るにゃー』








たまにこうやって夢に出てきてくれると嬉しいな〜。

骨入ってなくてもいいからw








<<12月17日火曜日 夕方>>


ひろくん、この日はカシオペアのライブに行く予定がありました。

なので、パンチの様子によっては行けないなーってなってたのです。





午後6時半、次のレッスンまで30分あるのでメールチェック。



ひろくんより、


「酸素室に入れても呼吸数は変わらず。

 このまま引き続き酸素室で一泊となりました。」



というメールの後、もう一通。



「前のメールの後、酸素室からパンチを出して

 おしっこさせたところ、表情はとっても良いような気がしました。

 『今日は、先生のとこに止まって、酸素いっぱい吸ってく』と

 言ってました。」






「ついでに『ひろくんカシオペア行ってきてもいいよ』と言ってたので

 行くことにしました。」





「パンチ、エライ?」









仕事帰りの私と、カシオペア帰りのひろくんの時間がちょうど合ったので

びっくりドンキーで晩御飯。そこで病院での詳しい話を聞く。





先生が今考えられるものとして三つ挙げてるということ。

重い肺炎

腫瘍の転移による症状

肺高血圧





ひろくんがトイレに出した時のパンチは

自分でスタスタと歩き、足あげておしっこしたそうな。

しっぽも降っていたと。






ただ、酸素室から出すと、やはり咳が出るので

今晩一晩、いっぱい酸素吸って少しでも呼吸が楽になればいいな。

そう願って、翌日の仕事の準備。

朝5時くらいまでかかって、ほとんど寝られないままの水曜日を迎えます。






「パンチの伝説はまだ続くのだ!」




↓ のんびり応援よろしくです ↓
 ←腹いっぱいクリックプリーズ!

ランキングチャレンジ中! みなさん、ありがとーです!



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

■rakuten



■ランキング・ブログ村


ランキング参加中デス
1クリックお願いします

■プロフィール

【ポッケ】♂2013.07.10〜
・ワンコ大好き
・天然ボケ


【ぐるたん】♂2010.04.21〜
・本名ぐるめ
・かわいいけど噛むの


【パンチ】♂1999.08.28〜2013.12.19
・仮装大好き?
・おじさん大好き
・犬猫苦手
・椎間板ヘルニアン
・甲状腺機能低下症
・血管肉腫〜旅立ち

■全国ビーグル仮装コンテスト

■Favorite Blog





selected entries

categories

archives

recent comment

  • ★★★お知らせ★★★
    舞蹴
  • 一年経ってからのありがとう
    なつこ
  • 一年経ってからのありがとう
    なつこ
  • 一年経ってからのありがとう
    なつこ
  • 一年経ってからのありがとう
    なつこ
  • 一年経ってからのありがとう
    なつこ
  • 一年経ってからのありがとう
    なつこ
  • 一年経ってからのありがとう
    仙台ワン
  • 一年経ってからのありがとう
    あや
  • 一年経ってからのありがとう
    ともち

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

うちの犬(こ)色えんぴつ―いちばんかわいい
うちの犬(こ)色えんぴつ―いちばんかわいい (JUGEMレビュー »)
秋草 愛, こんぺいとうたち
眺めているだけでも幸せ。でも色鉛筆欲しくなります。

recommend

犬を旅する。―世界で一番いろんな国の犬がのっている本
犬を旅する。―世界で一番いろんな国の犬がのっている本 (JUGEMレビュー »)
新美 敬子
犬の写真集では一番のお気に入りです。表紙の子はプラハの子。

recommend

ヨーロッパ 犬の王国
ヨーロッパ 犬の王国 (JUGEMレビュー »)
新美 敬子
愛されている犬たちを見てると幸せな気分になれる。

■おすすめ


ハートガードプラス(HeartGardPlus)12kg未満用




リーバスリー(LEBA3)

マクロミルへ登録


■歯を大切に!キャンペーン


■【羊毛ビーグル】オーダー

お友達のあやちゃんによる
羊毛フェルトビーグル制作です


■『ネチケット』キャンペーン

links

search this site.

others

mobile

qrcode

PR